〒230-0022 神奈川県横浜市鶴見区市場東中町2-13

鶴見市場」駅徒歩2分駐車場あり

腰痛が治らない方へ|横浜市鶴見区にある鍼灸治療院

土曜・日曜もやってます!

9:00~12:30 / 15:00~19:00(土日~18:00)
休診日 木曜、祝日、第1・3日曜

  • TEL 045-521-8043
  • メール予約

腰痛が治らない方へ

「腰が痛いな」と思ったら、皆さん最初に何をしますか? 湿布を貼る、マッサージに通う、整形外科で診てもらう……しかし、それでも治らないという方も多いと思います。

当院では、腰痛がなかなか治らないという方へのアプローチを得意としております。長年の腰痛に悩んでいる方は、ぜひ1度お越しください。

腰痛の85%が原因不明

実は、日本整形外科学会と日本腰痛学会による「腰痛診療ガイドライン2012年版」によると、腰痛の85%は原因不明とされています。

身体の骨格は、すべてつながっています。また、骨だけではなく身体を支え、骨を動かすために筋肉があり、すべてが連動して体を動かしています。歩く、走る、座るといった動作は、すべて骨と筋肉がスムーズに連動しているからこそできる動きです。

しかし、どこかに歪みが生じることで、スムーズに動くことができなくなります。スムーズに動けないことで、身体の一部に負担が大きくかかります。腰というのは、この負担がかかりやすい部位でもあるので、症状があらわれやすくなります。

「身体のどこかに生じた歪み」が原因であれば、腰を調べても原因が分かりません。腰自体は悪くないからです。そのため、病院で診断してもらっても、「原因不明」と言われてしまうというわけです。

自分でできる腰痛ケア

まずは、腰に負担がかからないように気をつけることです。腰に負担がかかりやすい代表的な生活習慣をご紹介します。ひとつでも当てはまるという方は、まずはそこから改善を目指しましょう。

長時間同じ姿勢でいることが多い

仕事で座りっぱなし、立ちっぱなしの方は、知らず知らずのうちに腰に負担がかかっている可能性が高いです。少し歩いてみる、軽いストレッチを行うなどをして、こまめに動くことが大切です。

座る時に浅く腰掛けてしまう

左のイラストのように、背もたれと腰の間にスペースが空いてしまうような座り方はNGです。できるだけ深く腰かけ、前かがみにならないように背筋を伸ばして座りましょう。お腹に力を入れると、きれいな姿勢を保ちやすくなります。

物を運ぶ仕事をしている

運送業などで物を運ぶ機会が多い場合は要注意です。床に置いてあるものを持ち上げようとして、ぎっくり腰になってしまう方も多くいらっしゃいます。なるべく腰に負担をかけないよう、床にひざをつき腰をおろした状態で物を持ち、立ち上がる時の力で持ち上げると、負担がかかりにくくなります。

当院での治療

なかなか治らない腰痛の原因として、デスクワークや長年の生活習慣の癖から、体幹部を支えるインナーマッスルの腸腰筋が短縮してしまっていることが挙げられます。腸腰筋が短縮すると、本来の筋力を発揮できず、股関節本来の動きが制限されてしまい、さらには背骨を支える脊柱起立筋や、骨盤と仙骨の連結部へ、慢性的な疲労を与え続けてしまいます。

この状態で症状として現れている局所のつらいところだけを施術してもなかなか治らないわけです。

この他にも、精神的なストレスが脳疲労を起こしてしまい、本来誰でももともと備わっている「痛みを抑制するための脳の機能」が発揮出来ないために、腰の状態は悪くなくても痛みを感じてしまうこともあります。

当院ではまず、鍼治療で腰痛を感じている局所への施術を行い、疼痛緩和と筋緊張を緩めます。そして、腸腰筋の短縮を戻し柔軟性をつける特殊な整体(操法)を行い、股関節周りのストレッチと脊柱起立筋に対するアプローチ、および精神的なストレス緩和のための頭蓋調整も行います。

ページの先頭へ